【ウェルスダイナミクス】人物紹介/”スター”まさ〜と〜

人生

こんにちは、チャイフ(@chaif123)です。

僕は2020年9月に、ウェルスダイナミクス認定資格を取得しました。

当ブログメディア『ふらっとアウフヘーベン』のメンバーのうち、何人かがそのプロファイルテストを受けてくれています。

せっかくなので、その人たちの特徴をウェルスプロファイルの観点から紹介してみたいと思います。今回は、”スター”プロファイルのまさ〜と〜さんの紹介です!

それでは!

P.S.間違ったこと言ってたら指摘してください。

ウェルスダイナミクスとは?

まず「ウェルスダイナミクス」が初耳の人も多いと思います。

僕自身のブログの方で概要説明記事を置いてますので、そちらをチェックしてみてください。

【ざっくり説明】ウェルスダイナミクスとは? | Free Steps
ウェルスダイナミクスって何?なんのためのツール?プロファイル?周波数?それぞれどんな特徴があるの?改めて、全体の概要と4つの周波数についてまとめてみました。…ダイナモは「創造と革新」。直感的で、自己重要感を大切にしています。頭の回転が早く、一瞬でいろんなことを考えるので、ダイナモの人のアイディアは「おりてくる」と...

リンクに飛ぶのもめんどくさいなぁ…

という人向けに、さらにざっくり以下に書いてみました。

ダイナモ

ダイナモは「創造と革新」。直感的で、自己重要感を大切にしています。頭の回転が早く、一瞬でいろんなことを考えるので、ダイナモの人のアイディアは「おりてくる」と表現されることが多いです。ピンチは【WHAT】で切り抜けようとします。

ダイナモのキーワード:
革新、最新、オリジナル、頭の回転、行動の速さ、スターター、アイデア

ブレイズ

ブレイズは「情熱と社交性」 。外向的で、多様性を大切にしています。情報よりも人を重視します。ピンチは【WHO】で切り抜けようとします。

ブレイズのキーワード
変化、刺激、元気、熱い、応援、熱血、巻き込み力、社交性、情熱的

テンポ

テンポは「調和と献身」。五感的・体感的で、つながり・絆・調和を大切にしています。状況・タイミングに応じた発想をするので、地に足の着いた現実的なアイディアを提供します。ピンチは【WHEN / WHERE】で切り抜けようとします。

テンポのキーワード
思いやり、調整、調和、慎重、対応、臨機応変、タイミング、融通、現場、現実的

スチール

スチールは「効率と論理性」。内向的で、確実性と効率を大切にしています。人よりも情報を重視します。ピンチは【HOW】で切り抜けようとします。

スチールのキーワード
確実性、効率、整理、再現性、データ、費用対効果、分析、詳細、定義、法則

スター・まさ〜と〜

詳細診断を受ける前にまさ〜と〜さん本人と、「どれになるか」の予想を話していました。

まさ~と~
まさ~と~

おれけっこう理論派なところもあるから、スチールもちょっとはあると思うんよな

チャイフ
チャイフ

確かにそうですね〜

詳細診断を受けてもらったところ、プロファイルはスターですね。スチールは8%でした。ちょっとはありましたね(笑)

ウェルスの周波数は、あくまでも割合です。実際にスチールが0%の人もいるので、8%持っているまさ〜と〜さんも確実性、効率、整理、再現性、データ…といったスチールの感覚も理解はできると思います。一方、やはり変化、刺激、元気、熱い、応援…といったブレイズに関連するワードの方がよりしっくりくるのではないかと思いますね。

さて、では僕が思う、まさ〜と〜さんのスターっぽいところを挙げていきたいと思います。

飲み会の場で全体の”中心にいる”

1つ目は、飲み会の場で全体の”中心にいる”ことです。

本人はその意識はないかもしれませんが、スタープロファイルの人は、普段通りに振る舞っているだけで、目立ってしまう生き物なのです。(全く悪いことではないですよ!!)

以前紹介したたぐちさんも隣のプロファイル・クリエイターですので、割と目立っている傾向があります(チャイフ視点)。それでも、まさ〜と〜さんが場にいるときは、主役をかっさらっていく…ようなイメージがあります。

【ウェルスダイナミクス】人物紹介/”クリエイター”たぐち
当ブログメディア『ふらっとアウフヘーベン』のメンバーのうち、何人かがそのプロファイルテストを受けてくれています。その人たちの特徴をウェルスプロファイルの観点から紹介してみたいと思います。…たぐちさんのプロファイルはクリエイターでした。…1つ目は、よく企画を立ててるイメージがあることです。…

「”中心にいる”かどうか」には、「テーブルで話を回しているかどうか」は必ずしも関係がありません。おそらく提供する話題や話術ではなく、真似できない本質的なところが理由になっていると思われます。

声質なのか、表情なのか、反応なのか。理由は定かではないですが、なんか目立つのがスターなのです。

すぐに、誰とでも友達を作るところ

2つ目は、すぐに、誰とでも友達を作るところです。

例えば海外旅行先で。例えば居酒屋で。例えば仕事場で。

「どんな人とでも接点を持てる」のは才能と言えます。この強みは、まさ〜と〜さん自身も自覚しているのではないでしょうか。

僕は大学院時代、まさ〜と〜さんと同じ研究室にいました。その研究室で、教授・准教授・助教授と最も仲良くしていたのは間違いなくまさ〜と〜さんです。これは即答し、断言できます。

可愛げがあり、なぜか憎めず、人がつい心を開いてしまう人柄を持つのがブレイズの強みです。まさ〜と〜さんはダイナモとブレイズを併せ持つスタープロファイルですが、相手が教授や上司などの目上の人の場合には、テンポのパワーをよりうまく使って丁寧に人付き合いをしているような気がしますね。

おそらく、「マスを相手に賑やかに楽しく」…が最もパフォーマンスを発揮できるとは思いますが、状況に応じてダイナモの出力を調整できるあたりが、まさ〜と〜さん自身の強みと言えますね。

褒めるのがめちゃくちゃ上手い

3つ目は、褒めるのがめちゃくちゃ上手いところです。

スターの基本性能みたいな特徴ばかりになってしまいますが、まさ〜と〜さんを見ていると本当にそう思います。アキュムレーター(スターの真逆)の僕からすると、圧倒的な強みですね。

対象は、人でもモノでもサービスでもシステムでもなんでもありです。まさ〜と〜さんから、自分がやっている仕事に関して、「こういうところがスゴい」「こういうところが楽しい・面白い」という話をよく聞きます。

”クリエイター”は自分だけで舞台に上がり、”自分の特技”を披露したり、”自分が創ったもの”を「自分が創った」とアピールすることができます。

一方スターは、舞台に上がり”他のもの”をプロモーションすることができます。”他のもの”や”他の人”の魅力を語り、広め、多くの人に伝えることができます。

“それ”が持つ魅力を見つけ出し、着目し、取り出し、輝かせる。そして結果的に、そのプロモーションをしているスター本人が最も輝いている。これがスターの戦略になるのです。

軽率に人を巻き込んでいける強み

いかがでしたでしょうか。

僕・チャイフの個人的な話になりますが、まさ〜と〜さんにはかなり感謝しています。なぜかというと、まさ〜と〜さんは2つ学年が上なのですが、その学年の人と仲良くなれたのはまさ〜と〜さんのおかげと言わざるを得ないです。

僕を飲みやら麻雀やらラーメンやら飲みカラオケやら麻雀やらに誘ってくれた過程で、仲良くなれたと感じており、たいへん感謝しております。

このように、良い意味で軽率に人を巻き込んでいける強みをこれからも活かしていってくれることを願っております(?)。

それでは。

チャイフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました