【ウェルスダイナミクス】人物紹介/”メカニック”なおき

人生

こんにちは、チャイフ(@chaif123)です。

僕は2020年9月に、ウェルスダイナミクス認定資格を取得しました。

当ブログメディア『ふらっとアウフヘーベン』のメンバーのうち、何人かがそのプロファイルテストを受けてくれています。

せっかくなので、その人たちの特徴をウェルスプロファイルの観点から紹介してみたいと思います。前回はたぐちさんの紹介をしました。

【ウェルスダイナミクス】人物紹介/”クリエイター”たぐち
当ブログメディア『ふらっとアウフヘーベン』のメンバーのうち、何人かがそのプロファイルテストを受けてくれています。その人たちの特徴をウェルスプロファイルの観点から紹介してみたいと思います。…たぐちさんのプロファイルはクリエイターでした。…1つ目は、よく企画を立ててるイメージがあることです。…

今回は、なおきさんの紹介をします。

それでは!

P.S.間違ったこと言ってたら指摘してください。

ウェルスダイナミクスとは?

まず「ウェルスダイナミクス」が初耳の人も多いと思います。

僕自身のブログの方で概要説明記事を置いてますので、そちらをチェックしてみてください。

【ざっくり説明】ウェルスダイナミクスとは? | Free Steps
ウェルスダイナミクスって何?なんのためのツール?プロファイル?周波数?それぞれどんな特徴があるの?改めて、全体の概要と4つの周波数についてまとめてみました。…ダイナモは「創造と革新」。直感的で、自己重要感を大切にしています。頭の回転が早く、一瞬でいろんなことを考えるので、ダイナモの人のアイディアは「おりてくる」と...

リンクに飛ぶのもめんどくさいなぁ…

という人向けに、さらにざっくり以下に書いてみました。

ダイナモ

ダイナモは「創造と革新」。直感的で、自己重要感を大切にしています。頭の回転が早く、一瞬でいろんなことを考えるので、ダイナモの人のアイディアは「おりてくる」と表現されることが多いです。ピンチは【WHAT】で切り抜けようとします。

ダイナモのキーワード:
革新、最新、オリジナル、頭の回転、行動の速さ、スターター、アイデア

ブレイズ

ブレイズは「情熱と社交性」 。外向的で、多様性を大切にしています。情報よりも人を重視します。ピンチは【WHO】で切り抜けようとします。

ブレイズのキーワード
変化、刺激、元気、熱い、応援、熱血、巻き込み力、社交性、情熱的

テンポ

テンポは「調和と献身」。五感的・体感的で、つながり・絆・調和を大切にしています。状況・タイミングに応じた発想をするので、地に足の着いた現実的なアイディアを提供します。ピンチは【WHEN / WHERE】で切り抜けようとします。

テンポのキーワード
思いやり、調整、調和、慎重、対応、臨機応変、タイミング、融通、現場、現実的

スチール

スチールは「効率と論理性」。内向的で、確実性と効率を大切にしています。人よりも情報を重視します。ピンチは【HOW】で切り抜けようとします。

スチールのキーワード
確実性、効率、整理、再現性、データ、費用対効果、分析、詳細、定義、法則

メカニック・なおき

詳細診断を受けてもらったところ、なおきさんのプロファイルはメカニックでした。

僕の感覚としてもかなり納得感が高いです。なおきさんはまさに「効率厨」って感じで、考えが偏っている気もするけど本人としては合理性を極限まで突き詰めているイメージがあります。

さて、どんなところに”メカニック”を感じるか、見ていきましょう。

曖昧な状態を嫌う

1つ目は、曖昧な状態を嫌うことです。

“メカニック”が…というよりは、スチールの周波数のパワーがこの感覚をもたらしていると思われますね。なおきさんは、ダイナモが強い職場の同僚とのコミュニケーションにおいて、次のようなことを言っていました。

なおき
なおき

その人は、曖昧な状態を曖昧な状態のままにしておくことにストレスを感じないらしい。おれはバシッと決めてしまいたいんだけど…

ダイナモは、0→1を創りたい傾向があり、アイディアが湧いてくるので、選択肢を広げて議論を発散させるのが得意です。一方、スチールは情報を整理して分析し、選択肢を切り分けて議論を収束させるのが得意です。

同じ周波数の人がチームにいる場合、その人と違う周波数が強く出ることはよくあります。なおきさんの場合、よりダイナモパワーの強いその方とコミュニケーションを取る場合は、同じく強く持っている周波数であるスチールが強く出るのだと思われます。

思っていることをズバッと言う

2つ目は、思っていることをズバッと言うことです。

なおきさんは、良い意味でも悪い意味でも、空気を読まないところがあります。素直と言えば素直ですし、物怖じしないとも言えます。「だってそうでしょ」と言っている姿が目に浮かびます。

周りが言いづらいと思っていることを言ってくれてありがたいこともありますし、それを明言してしまうことで空気が悪くなることも時にはあると思います。

“メカニック”は最も効率を重視するプロファイルです。“メカニック”的には「言葉を選ぶこと」よりも、「情報を伝えること」を最優先にしています。よくわからない忖度をしている暇があったら、さっさと情報交換をして話を進めた方が効率的なのです。

僕はこのスタイルは嫌いじゃないので、変に取り繕わないそのスタイルを貫いてほしいなと思いますね。

「改良する」ことが好きなところ

3つ目は、今あるものや創ったものを「改良する」ことが好きなところです。

こちらの記事で象徴的なエピソードが紹介されていました。

【幼少期の遊び】レゴにハマってた【子供の好きを伸ばす】
「京大の友人にインタビューして育児方針のヒントを得る」企画の第二弾テーマ『幼少期にハマった遊び』 レゴにはまっていた。...なおき君は幼少期からレゴにハマっていたそうです。...更に、家の中で遊ぶだけでは飽きたらず、親戚の家に遊びに行く時なんかもバケツごとレゴを持っていって、親戚の家でもずっと遊んでいたほどハマっ...

一般家庭のレゴであればそれほどたくさんの種類のパーツがあるわけではなく、手持ちのパーツをどうにか組み合わせて作品を作ります。

その組み合わせの数は膨大ですが、決して無限ではありません。

その「ある程度の制約の中で作りたいものをいかにして作るか」という遊びが楽しかったようです。

逆に、真っ白い紙に「自由に絵を描いていいよ」というような自由度が無限大の遊びは昔からあまり好きではないとのこと。

また、一度作品を作ったらまた作り直すというよりも、より良くするために改良したり別の作品と合体させて遊んでいたそうです。

いや〜、良いですね。ザ・”メカニック”というエピソードだと思います。ヤラセかなと思うレベルですね。

あともう1つ、僕たちのテニスサークルで「合宿の試合を組む」という業務がありました。なおきさんは、エクセルの計算式を組んで、試合組みの業務を大幅に効率アップさせたという実績があるらしく、これもまさに”メカニック”という感じで、とても好きなエピソードです。

「バージョンアップ」は”メカニック”が大好きな概念です。スコープを確定させ、完了させ、一度形にして、それをさらにバージョンアップさせたいのです。

バージョンアップさせるためには、一度動く形でリリースする必要がありますから、“メカニック”というプロファイルは、完結させるのが最も得意と言われます。これも覚えておくといいかもしれません。

メカニックは自分の世界観を持ってていい

いかがでしたでしょうか。

なおきさんも、”メカニック”というプロファイルの強みを存分に活かせていると思います。アイディアを出してカタチにして、それを改良していける”メカニック”はかなり強いと思っています。

“メカニック”は自分の領域で効率化を極め、洗練された何かを持っています。”メカニック”の人は、どこか自分の世界観のようなものを持っていると思っています。それはもちろん誰しもに当てはまることですが、”メカニック”の人は特に個性的な世界の見え方をしている傾向があると思います。

その独特で興味深く、理解は難しいがどこか筋が通っている理論は、いつか熱烈なファンが現れるはずです。ぜひ大事にしてほしいと思います。それはなおきさんに限らず、全”メカニック”の人に向けて。

それでは。

チャイフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました